うどん ラーメン 美味いお酒と旨い肴 写真メインの飲み食べブログ
うさみ亭マツバヤ
180410-うさみ亭マツバヤ-008-S
by G7X


180410-うさみ亭マツバヤ-001-S

4月10日火曜日のお仕事帰りの麺活は、南船場の 「うさみ亭マツバヤ」 さん。

インバウンドで賑わうミナミ心斎橋商店街から少し外れた、地下鉄心斎橋駅から徒歩数分

大阪市中央区南船場は丼池(どぶいけ)筋にある『うさみ亭マツバヤ』さんは

創業1893年(明治26年)の大阪うどんの老舗。
 
大阪と言えばお好み焼きやたこ焼きなどのコナモン文化で知られ

お好み焼きなどのコナモンをおかずにご飯を食べるといった食文化があります。

いわゆる「炭水化物」プラス「炭水化物」のコラボ、大阪独特?の食文化ですね。

うどんもコナモン、もちろん大阪人はうどんをおかずにごはんを食べます。

そしてコナモン文化とならび、大阪はダシを大切にする「ダシ文化」の地でもありますので

大阪にはダシが旨い大阪うどんのお店が沢山あります。


会員制 焼鳥 祐
180407-焼鳥裕-015-S
by G7X


180407-焼鳥裕-002-S


180407-焼鳥裕-003-S

4月7日土曜日は、大阪市中央区瓦屋町の会員制焼鳥店 「焼鳥 祐」 さんへ

藤本さんよりお誘いいただき「春爛漫焼鳥楽食会」に参加させていただきました。

古民家風の建物は、以前はワインバーだったそうで

ちょっとした隠れ家風の会員制焼き鳥店。

(株)ユー・フード・サービスの代表谷祐一郎さん拘りのお店で

焼鳥にこだわり続けた男「焼き師」谷祐一郎さんがなんと自ら焼き手となり

地鶏のポテンシャルを最大限に引き出す焼鳥を提供されています。

中華そば 波
180405-中華そば波-001-S
by G7X


180405-中華そば波-002-S

4月5日木曜日は今年3回目の讃岐うどんツアー

高松市亀岡町の 「セルフうどんの店 竹清(ちくせい)本店」 さんを後にして

秀太さんのリクエストで高松市南新町のラーメン店「らぁ麺 すずむし」さんへ

コチラのお店はワタクシは諸般の事情によりパス

秀太さんと中谷さんが出てくるのを車の中で待って

次に向かった八軒目のお店は

高松市瀬戸内町の 「中華そば 波」 さんです。

コチラの中華そばは何故か時としてふと食べたくなるんですよね~

前回来た時ほスープ切れ閉店で残念な思いをしたので

閉店時間の1時間前にやった来ましたら

おお !!!

営業されているじゃあ~りませんか! ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿

 
セルフうどんの店 竹清(ちくせい)本店
180405-ちくせい-001-S
by G7X


180405-ちくせい-002-S

4月5日木曜日は今年3回目の讃岐うどんツアー

高松市香川町の 「名もないうどん屋」 さんを後にして

秀太さんのリクエストで向かった七軒目のお店は

高松市亀岡町の 「セルフうどんの店 竹清(ちくせい)本店」 さんです。

昭和43年創業の「あつあつ半熟卵天」発祥のセルフうどん店として有名で

今や大阪、広島、倉敷、千葉にチェーン店を展開されています。
 
私達が訪れた時にも平日にもかかわらず沢山のお客さんが並ばれていました。


名もないうどん屋
180405-名もないうどん屋-001-S
by G7X


180405-名もないうどん屋-002-S

4月5日木曜日は今年3回目の讃岐うどんツアー

丸亀市飯野町の 「セルフうどん おかだ」 さんを後にして

秀太さんのリクエストで向かった六軒目のお店は

高松市香川町の 「名もないうどん屋」 さんです。

交通事故の後遺症の為2014年1月末に惜しまれつつ閉店した

高松市西山崎町の 「名もないうどん屋」 さんが2017年12月7日に復活オープン !!!

「手打ちうどん かめや」さんといううどん屋さんがあったところに居抜きでオープンされたようです。


セルフ うどん おかだ
180405-セルフおかだうどん-001-S
by G7X


180405-セルフおかだうどん-002-S


180405-セルフおかだうどん-003-S

4月5日木曜日は今年3回目の讃岐うどんツアー

綾歌郡綾川町滝宮の 「手打うどん 松岡」 さんを後にして

秀太さんのリクエストで向かった五軒目のお店は

丸亀市飯野町の 「セルフ うどん おかだ」 さんです。

2018年1月9日オープン !!! 宇多津の超有名人気繁盛店「おか泉」さんの

土産用うどん・贈答用うどん製造直売の丸亀工場の一角に併設のセルフ店です。

場所は一軒目に訪れた「純手打うどん よしや」さんからすぐの土器川方面に向かった県道18号線沿い

平日のみの営業で土日祝日お休み、県外客には少々ハードルが高いお店です。


手打うどん 松岡
180405-松岡-001-S
by G7X


180405-松岡-002-S

4月5日木曜日は今年3回目の讃岐うどんツアー

三豊市高瀬町の 「須崎食料品店」 さんを後にして

「道の駅滝宮」に寄り道して、情熱うどん讃州の久保さんとお別れして向かった四軒目のお店は

中谷さんのリクエストで

綾歌郡綾川町滝宮の 「手打うどん 松岡」 さんです。

看板も無く、暖簾にも店名が書かれていないセルフのうどん店です。

かつて、琴平に「宮武うどん」と言う人気繁盛店のうどん店があり(現在の高松の「宮武うどん」とは別)

「ひやひや」や「あつあつ」などと独特のうどんの呼称を作り出したのもその「宮武うどん」でしたが、

2009年6月に突然閉店してしまいました。

その「宮武うどん」のうどんの流れを受け継ぐ「宮武ファミリー」と呼ばれるお店があり

その中の一軒が、こちら「手打うどん 松岡」さんです。

(琴平の「宮武」(閉店)、綾川の「松岡」、まんのうの「山内」、高松市の「あたりや」(閉店)の四軒)


須崎食料品店
180405-須崎食料品店-001-S
by G7X


180405-須崎食料品店-002-S


4月5日木曜日は今年3回目の讃岐うどんツアー

三豊市三野町の 「朝ラーメン 浜堂ラーメン」 (はまんどラーメン)さんを後にして

情熱うどん讃州の久保さん達と合流してやって来た三軒目のお店は

中谷さんのリクエストで

三豊市高瀬町の 「須崎食料品店」 さんです。

食料品店というだけあって、建物の左側三分の二で食料品や雑貨を販売されています。

いわゆ田舎のコンビニエンスストアですね。

製麺所の入り口はお店の右側にあります。