うどん ラーメン 美味いお酒と旨い肴 写真メインの飲み食べブログ

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

橋本製麺所 橋本農機
160521-橋本農機-0001-S
by G7X

5月21日土曜日は今年7回目の 讃岐うどんツアー でした。


第11回讃岐弾丸ツアー


今回は「琴電」を使って「製麺所」と名の付くところでうどんを食べようという企画です。




160521-橋本農機-0002-S

四軒目の「宮武製麺所」さんを後にして五軒目の製麺所は

電車に乗るほどではない距離なので、てくてくと歩いて向かったのは

高松市仏生山町の 「橋本製麺所(橋本農機)」 さんです。






 
0503-hasimoto-004-S.jpg

引き戸の右上には 「機械工具商」 のプレートが取り付けてありますが

元々は農機具店を営んでおられ、農機具の販売や修理をされていたそうです。

農機具店はもうとっくに廃業されているのですが、店構えはそのままに製麺業をされていらっしゃいます。




160521-橋本農機-0003-S


160521-橋本農機-0004-S


160521-橋本農機-0005-S

随分と久しぶりの訪問ですが変わらぬ店内。




160521-橋本農機-0007-S

こちらのお父さんがお亡くなりになってからは初めての訪問となります。




0414-hasimoto-008-S.jpg


0414-hasimoto-004-S.jpg


160521-橋本農機-0006-S

現在はお母さんと息子さんのお二人で製麺所を切盛りされておられます。

お父さんの在りし日の写真を数枚プリントして持参しましたら、お母さん随分と喜んでいただきました。




160521-橋本農機-0008-S

奥が製麺所になっていますので、声をかけて入らせていただきました。

時代を感じさせる立派な製麺機ですね。




160521-橋本農機-0009-S

大きな釜ではうどんが次々と茹でられています。




160521-橋本農機-0010-S

ツアー参加の皆さん持参した丼にそれぞれ茹で立て〆たてのうどん一玉づつ入れたいただきました。




160521-橋本農機-0011-S

うどん一玉70円というお値段は、玉売りの価格です。




160521-橋本農機-0012-S

こちらのお店は製麺所ですので、営業許可の問題もあり本来はここでうどんを食べることはできません。

玉売りのうどんを購入して、持参の丼に入れて、持参の醤油や出汁をかけて食べるというスタイルです。

マイ丼、マイ箸、マイ醤油持参が必須で、あくまでもお客さんがお店の前で勝手に食べたという事です。




160521-橋本農機-0013-S


160521-橋本農機-0014-S

以前と変わらぬめちゃめちゃ美味しいうどんです !!!

小麦の風味の良いうどんは、持参した醤油をかけるのを忘れるぐらい、麺だけで美味しく食べられます!

ここのうどんは玉売りが主体なので、時間が経過してから食べる事を想定して打たれています。

時間が経過してもふにゃふにゃにならないよう、しっかりとしたコシが自慢の剛麺です。




160521-橋本農機-0015-S

「橋本製麺所(橋本農機)」さんを後にして、ことでん琴平線「空港通り駅」まで歩き




160521-橋本農機-0016-S

さあ! 六軒目の製麺所をめざして ことでんでGO!




高松市仏生山町甲1120 「橋本農機具(製麺所)」

電話 087-889-0812

営業時間 10:00頃?~15:30頃?

定休日 日曜日

駐車場 無
 
電車でGO! 高松琴平電気琴平線「空港通り駅」徒歩5分






関連ランキング:うどん | 空港通り駅仏生山駅




関連記事




 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tushio.blog86.fc2.com/tb.php/3771-2942fb5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック